階層都市 〜モーニング娘。ブログ〜

主にモーニング娘。 ハロプロ関連のことをお話しします

森戸知沙希 モーニング娘。加入 感想

 

 

www.youtube.com

 

とりあえず、モーニング娘。面々の反応が印象的でしたね

 

自分の思いを書きます

 

正直誰もモーニング娘。には入ってほしくなかった

入るなら、形なりにもオーディションを経てから入ってほしかった

ほかのグループと兼任なんてもってのほか

モーニングというブランドに対して真正面から入ってきてほしかった

モーニングに誇りを持って入って活動して欲しい

モーニングというくくりで成長、変化が見たいからできるだけ色がない状態が自分は望ましかった

既存グループからの移籍であり「補強」感がすごく、今までのメンバーでの活動が否定された気持ちになった

モーニング娘。の歌は モーニング娘。が一番うまく歌い、踊り、表現するべきで、そこに他のグループからセンターにひょっと来られて、歌い、踊られる、そんなことがあっていいのかと思う

 

決まってから思うのもなんですが、申し訳ないのだけれど移籍組よりはまだ研修生上がりの方が良かったと思ってしまいます

近年の即戦力採りの傾向、オーデション合格者なし、絶対的センターの不在、こういう事実を踏まえてあの6人から真ん中に一番近い人材を選ぶとするならば、間違いなく森戸知沙希なんですよ

でも自分は形なりにも選ばれて欲しかった、せめて真っ直ぐモーニングに入って欲しかった

 

正直この決定は、モーニングに対する事務所の評価「広範囲ビジュアルエース不在(になる)」によるものなのでしょう

 

そしてメンバーの戸惑いはおそらく、「自分のこれからのポジションに対する不安」と私が感じたように、「モーニング娘。の歴史、モーニング娘。の資格に対する思い」によるものだと思います

前者の面々が多いでしょう

 

正直、12期、13期はまだお客様なので反応について特に何も思いませんでしたが、加賀の微妙な反応は自分たちの加入から早すぎやろ、という所でしょうか

佐藤は新メンバー入るといわれた時、小田石田あたりの顔色をうかがいましたね

 

問題は、譜久村、生田、小田です

生田は微妙な反応でしたが、自分メインで冷静な性格なため本当のところは分かりませんが、9期メンバーの生田、あるとしたら後者に対する思いでしょう

 

小田ははじめ微妙な面持ちでしたがすぐに表情は切り替えましたね

小田の思いは前者も、後者もあると思います

モーニングを引っ張っていく自覚が一番ある小田、小田はモーニングの資格を持った先輩・後輩と共に先陣を切って進んでいきます

鞘師を見つめ、佐藤と共に切磋琢磨し、後輩も増え、モーニング娘。としての自分が楽しくなってきた頃でしょうか

その小田が森戸に対しどのような感情を抱くのでしょうか?

 

最後に譜久村です

彼女はモーニング娘が好きです、理想を持ってモーニング娘。を守っていく、そんな彼女が「今までになかった」加入者があると知らされた時、そしてその加入者が森戸知沙希と知った時、彼女は何を思ったのでしょうか

「今までなかったことだし」

「ほんとはもっとちゃんと」

「あたしが好きだったハロプロ、のこう 、℃-ute さんだったりとか、嗣永さんが卒業されて」

「ファンだったときは知らないハロプロ

彼女のモーニング娘。そのものに対する思い、それがあの涙だと思っています

彼女の中のモーニング娘。は森戸を認めるのでしょうか?

 

 

 

f:id:meseta:20170624212921j:plain